オール電化でオールマイティー【削減おさいふHAPPY】

Home improvement

普及が進むシステム

オール電化住宅の動向について

オール電化住宅は2000年代から普及が始まっています。しかしながら都市部のマンションに着いてのデータを見ると、その普及率は2009年がピークで20パーセント近くあったそうですが、その後は減少傾向にあって現在では12パーセント前後となっているようです。その理由としてはコストがかかってしまうということが挙げられます。現在実は住宅の建設は円安による原材料の高騰や人件費の上昇によってコストは上昇しています。そんな中コストを削減するためという理由や先の東日本大震災で電力が止まった際にオール電化住宅が全く機能しなかったのを理由に建設を控えているようです。しかしながらユーザーからの要望はまだまだ多いようです。今後は太陽光発電も含めた総合的なエコ住宅となっていくでしょう。

デメリットもあるのでご注意を

ガスは今更言うまでもありませんがとても危険なものです。しかしオール電化にすれば画図漏れによって起こる一酸化炭素中毒などの心配は全くなくなります。こういった安全性を評価されれば住宅ローンニオイT優遇されたり、火災保険が割安になったりもします。とはいえ、逆に注意する点もあります。オール電化にするにはIHクッキングヒーターやエコキュートの設置が必須になります。これらの初期費用はガスコンロや給湯器を設置する際にかかる費用よりもどうしても高くなってしまいます。また、オール電化住宅は光熱費を削減できると認識されがちですが、生活スタイルによっては尺に割高になるケースもあります。