オール電化でオールマイティー【削減おさいふHAPPY】

Home improvement

オール電化メリット

オール電化の導入は光熱費の削減が大きなメリットです。光熱費を一本化することで、基本料が一つになりますし、電気代の安くなる時間帯を上手に利用することによって更に節約できます。

Read More

増えるオール電化

近年の住宅設備の中でも非常に需要が高まっているのがオール電化システムです。多くの人がオール電化を取り入れ始めており、安全面やコスト面を考えて今後も需要は伸びていくことが予想されています。

Read More

普及が進むシステム

オール電化住宅の一番のメリットはやはり安全面でしょう。通常の住宅では調理などにガスを使用しますが危険も伴います。こうした安全面も考えてオール電化にする家庭も増えつつあります。

Read More

人気のオール電化

Home improvement

コンブチャクレンズは痩せない!?本音の口コミ・評判を大暴露!

ダイエットを始める前にこちらをチェック!コンブチャクレンズの効果や有効成分がここにまとめられていますよ。

一般的な家庭での電気代

最近では、既存の住宅をオール電化にリフォームするお宅も増えています。では、オール電化にすると電気代はどの位になるのでしょうか。オール電化住宅の電気代といっっても、夏と冬等の季節によって違いますし、各ご家庭で使用する電化製品や電気を使用する設備等も違いますので、一重に電気代はこの位かかりますとは言えないのです。一般的な住宅の大体の目安としては、夏では1万円から3万円位と言われており、冬では3万円から5万円位と言われています。夏はエアコン等の電気代が割合を大きく占めており、冬では床暖房やエアコン、蓄熱暖房等の暖房設備等の割合が大きく占めていると言われています。そして、オール電化を導入する時には、電力自由化についても調べておくと良いでしょう。電力自由化とは、従来の電力会社で独占していた電力市場に民間の企業が参入してきた流れをさし、企業の競合による電気代の割引が期待できる仕組みとなっています。様々な電力企業を比較して、自分に都合が良い電力会社が見つかれば、そちらに乗り換えるのも電気代の節約に繋がります。

オール電化住宅の特徴

オール電化は火を使う物が無いので、火事になる確率が大幅に下がりますし、オール電化にする事で火災保険も安くなります。最近では、太陽光パネルを設置している住宅も多くあり、その様な住宅ではご家庭の電気代がほとんどかからないばかりか、売電の料金で逆にプラスになっているというご家庭もあります。この場合光熱費は上下水道代のみとなりますので、月々のお支払額が非常に少なくて済みます。夏にエアコンで涼しくするのは一般の住宅でも同じですが、冬はガスが通ってない為にガスファンヒーターが使えないので、エアコンや床暖房等で温める必要があります。その為に冬の電気代は、一年で一番高額になります。オール電化や太陽光発電は一般家庭まで浸透しつつありますが、企業も太陽光発電以外の新しい発電方法に積極的に取り組んでいます。その中の一つであるバイオマス発電は、化石燃料以外の生物由来の再生可能な資源を燃料として燃やし、電気を得る方法です。